ジェルネイルはどのくらい持つ?

ジェルネイルはどのくらい持つ?

マニキュアより長持ちするとされ人気のジェルネイルですが、具体的にはどのくらい長持ちするのでしょうか。

 

一般的には2〜3週間

 

ジェルネイルの寿命は、一般的には2週間、長くても3週間とされています。普通に生活をしていても、2週間は剥がれることもツヤが無くなることもなく、爪先のオシャレを維持することが出来ます。しっかりと爪先のケアをしていれば3週間は持ちます。ただしジェルネイルをしていても爪は普通に伸びてきます。期間の経過と共にジェルネイルをしていない自爪とジェルネイルをしている爪のバランスが取れなくなってきます。爪の伸びには個人差があるので、しっかりケアをしていても長持ちしない方もいます。

 

ジェルネイルはどのくらいでオフすればいい?

 

ジェルネイルをオフする目安は、持ち期間と同じく2〜3週間です。しっかりケアをしているからオフしなくても大丈夫、というものではありません。長期間爪をジェルで覆いっぱなしにしていると爪にかかる負担も大きくなります。綺麗で健康な爪を保つためには、定期的にオフして爪を休ませてあげる必要があります。またジェルネイルを長期間放置しておくと、ジェルが爪から浮いてしまい、その隙間から水分が入り込み、自爪で細菌が繁殖してしまいます。繁殖した菌は爪にダメージを与えてしまい、グリーンネイルという爪の変色を引き越す可能性があります。グリーンネイルは感染力があり、一度発症したらしっかりとした治療が必要となります。このような事態になる前にジェルネイルをオフする必要があります。