ジェルネイルとは

ジェルネイルとは

爪先のオシャレとして近年人気を集めているのがジェルネイルです。ジェルネイルとはどのようなものなのでしょうか。

 

ジェルネイルとは?

 

ジェルネイルとは、爪先に着色したジェルを塗り、UVライトやLEDライトを当てて固めるネイルのことです。使用するジェルは普通のマニキュアとは違い、粘液状の合成樹脂で作られています。粘度が高くトロッとしたテクスチャが特徴です。このジェルは光に当てることで硬くなり、爪にぴったりと張り付きます。塗った後乾かすマニキュアとは違い、特殊な光を当てなければ固まりません。マニキュアは塗った後に乾かす時間が必要ですが、ジェルネイルは光に当てて固めた後はすぐに触ることが出来ます。

 

ジェルネイルの特徴

 

ジェルネイルの一番の特徴は、通常のマニキュアより長持ちするという点です。マニキュアは液体を爪に塗るもので、時間が経つと剥がれてしまったり、充分に乾かさないと寄れたり落ちてしまいます。ジェルネイルは爪に塗るのではなく爪の上で固めて張り付けるものなので、マニキュアより長持ちします。

 

またジェル特有のツヤ感と発色の良さも特徴の一つです。マニキュアはトップコートや重ね塗りで発色やツヤを出す必要がありますが、ジェルはそれ自体が発色がよく、ツヤ感があるので、マニキュアよりも綺麗な仕上がりになります。ジェルの使い方によっては、立体的な仕上がりにすることが出来ます。固めて爪に張り付けるので、マニキュアのデコレーションより、簡単にかつ頑丈にすることが可能です。