セルフジェルネイルをする前の下準備

セルフジェルネイルをする前の下準備

セルフでジェルネイルをする場合、ネイルを塗る前に準備が必要です。しっかりとした下準備はジェルネイルの仕上がりを左右します。

 

爪や手を綺麗にする

 

まず最初に爪先や指先の汚れを落とします。ジェルネイルに汚れが入り込むと落とすのに苦労します。手の平全体を石鹸で洗い、更にコットンに消毒液を染み込ませ、爪や指先を綺麗に消毒しましょう。

 

甘皮処理

 

爪の境界線にある甘皮は、ジェルネイルを塗る時に邪魔になります。甘皮はしっかりと処理しておきましょう。用意するのは細い棒と水を含ませたコットンです。棒の先にコットンを巻き付け、甘皮を押し上げるように処理しましょう。爪の横側にある皮も寄せて、ジェルネイルが塗りやすいように準備していきます。注意する点は甘皮処理の時の力加減です。強い力で皮を寄せると肌や爪先にダメージを与えてしまいます。甘皮処理は優しい力加減で丁寧に処理していきましょう。

 

やすりで爪を整える

 

ジェルネイルのデザインによって爪の形を変えます。やすりは爪に対して45度の角度に当て一定方向に滑らせていきます。往復させると爪にダメージを与え、形も綺麗に整えられません。ネイルの色やデザインを考え、それに合う形の爪に仕上げていきましょう。

 

爪の表面を整える

 

ジェルが密着しやすいように爪の表面を整えます。表面を整えるのはスポンジバッファーを使用しましょう。表面を整えたら、爪の表面をブラシで撫で、削った後に出る粉を綺麗にオフします。最後に爪先をエタノールで拭き、油分をオフします。コットンは毛羽立ってしまうので、キッチンペーパーなど繊維が飛びにくいものを使いましょう。