ジェルネイルを長持ちさせるためのコツ

ジェルネイルを長持ちさせるためのコツ

せっかく綺麗に塗ったジェルネイルは少しでも長持ちさせたいものです。今回はジェルネイルを長持ちさせるためのコツをご紹介します。

 

水仕事はゴム手袋を着用する

 

水仕事の後は付着した水分と一緒に爪や指が乾燥してしまいます。乾燥するとジェルネイルがはがれやすくなってしまうので、水仕事をする場合はゴム手袋で爪に水分が付かないようにしましょう。ゴム手袋の着用はジェルネイルを長持ちさせるだけでなく、手の乾燥予防や洗剤に含まれる成分から肌を守ってくれます。

 

ハンドクリームやオイルで保湿ケア

 

爪先は物に触れる機会が多く、そこからダメージを受けたり乾燥しがちになってしまいます。ダメージや乾燥はジェルネイルの大敵です。これを防ぐために効果的なのがネイルオイルやハンドクリームでの保湿です。ネイルオイルは爪先の保湿に特化したグッズです。寝る前のケアにネイルオイルを塗ると、ジェルネイルの長持ちに繋がります。ハンドクリームは手の保湿グッズですが、保湿成分は爪にも効果が期待出来ます。使用するものは普段使いのハンドクリームで大丈夫です。クリームを一度手のひらの上に取り温め、爪にまんべんなく丁寧に塗っていきましょう。

 

ジェルネイルオフ期間に爪を強くする

 

爪が元々弱い方はジェルネイルの持ちが短い傾向にあります。どうしてもジェルネイルが長持ちしないという方は、ジェルネイルをオフしている期間に爪を強くしましょう。上記の保湿ケアを日常的に行うのも効果的です。これに加えて爪先に栄養が行き渡るようにマッサージをしたり、爪を作る栄養素の摂取などを積極的に行いましょう。