プロ並みのジェルネイルのやり方を解説!初心者・不器用な方必見ジェルネイル,やり方,プロ,初心者,不器用

ジェルネイル やり方

ジェルネイルのやり方、全体の流れ

 

最近はただのマニキュアよりもジェルネイルが人気になってきています。ジェルネイルをやってみたいけれど、どんなやり方でやってみればいいのか、全体の流れが気になっている人もいるでしょう。そこで今回はジェルネイルのやり方についてご紹介していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

プレパレーションの処理

セルフでジェルネイルをする人が増えてきていますが、自分でやるとどうしても長持ちしない…という人もいるはずです。このような方はジェルネイルを塗る前に「プレパレーション」という処理をしっかりと行い、正しい順序でやっていけばもちはどんどんよくなっていくでしょう。ジェルネイルは使っているメーカーによって方法も異なります。

 

ジェルネイルで準備しておくもの

・ガーゼ
・ライト
・ファイル
・ストーンプッシャー
・カラージェル
・トップジェル
・ベースジェル
・クレンザー
・コットン

 

ネイルの形を整えておく

ジェルを塗る前にネイルの形をしっかり整えておきましょう。そして甘皮をしっかり取り除いていきます。前処理をしておく事によって長持ちするので、しっかり丁寧に行ってみるといいでしょう。またジェルを落とした後に表面がザラザラしている場合には、スポンジバッファで表面を整えます。

 

ベースジェルをコーティング

油分や水分除去をしっかりやった後、親指以外の人差し指〜小指までの4本にベースジェルを塗っていきましょう。持ちの悪い人はベースジェルを塗る前にプライマーを使うと持ちがよくなります。落としづらくなってしまうところには注意しましょう。そしてジェルを少しずつ塗っていきます。不足分は足していき、最初から多めにとらないようにしましょう。エッジの部分もしっかり塗っていきます。

 

ジェルネイルを始める前に必要な道具、準備

 

ジェルネイルを始める前には道具を揃えておく必要があります。ジェルネイルを始める前に必要な道具には何があるのでしょうか?ここではジェルネイルを初めてやる方のために、どんな道具を揃えればいいのかご説明していきましょう。ジェルネイルキットなどまとまっているものを買うのも便利ですが、使い勝手の良いものやもっと自分にふさわしいものを選ぶには、全てセットでないものを選ぶといいでしょう。

 

細筆

細筆は必須ではありませんが、ラメのラインを引く・絵を描くなどの細かいデザインを施す時に便利です。細筆は毛が細いのでクセがつきやすいです。寝癖のように変な方向に曲がってしまうと元に戻しにくくなるので、丁寧に保管しなければいけません。

 

ネイルワイプ

ワイプには未硬化ジェルや爪の表面のオイル、水分を拭き取る時に使っていきます。毛羽立ちのないコットンやキッチンペーパーでも代わりに使えるでしょう。特に未硬化ジェルをふき取る場合、ワイプの素材や溶液の染み込み次第は一回で綺麗に拭き取る事は出来ません。スポンジタイプのワイプは染み込み拭きき取りも甘いので、あまり使い勝手もよくないでしょう。たくさんのネイルスクールやサロンでは、不織布ガーゼがワイプと呼ばれ多く使われています。

 

36W(ワット)のUVランプ

UVランプはジェルを固めるのに使います。硬化時間は36W用に比べて長時間かかる事もあるので、36WのUVランプを使ってみるといいでしょう。ちなみにネイル検定などの試験で使うものは36WのUVランプです。また中のUVランプ自体は電球と同じ消耗品です。光が弱くなったら交換が必要でしょう。36WのUVランプの中には9WのUVランプが4本入っていて、取り外しが出来るようになっています。ジェルが固まらないや時間がかかるといった場合には、ランプが取替時期ではないか確認してみるといいでしょう。

 

コットン

コットンはジェルネイルを落とす時に使います。この時に使用するコットンは毛羽立ってしまうものでもいいでしょう。ちぎって使うタイプのコットンや顔に使うコットンなどあります。いずれにしても使いやすい大きさにカットしておくといいでしょう。また落とす時のコットンは厚手のものを、厚みのないコットンだと十分な溶液を含ませる事が出来ず、ジェルに溶液が染み込むまで時間がかかってしまうので気をつけましょう。

 

ジェルネイルを行う手順

 

ジェルネイルは正しい手順で行う事によって綺麗に仕上がります。ジェルネイルを行う手順についてご説明していきましょう。(単色ネイルの場合)

 

ジェルアートに必要な材料とは

前処理が終わったら実際にジェルを塗り、ネイルアートを作っていきます。まずはアートに必要な道具をご紹介していきましょう。
・エタノール
・LEDライト
・コットン
・ベースジェル
・トップジェル
・筆
・カラージェル
・ウッドスティック

 

ベースジェルの塗布

まずは爪の中央を根元から真っ直ぐ塗っていきます。塗る時は爪に対して筆の角度をつけすぎてしまうと筆圧がかかってしまうので、出来る限り爪と平行にして優しく引っ張ると、ムラなく綺麗に塗れるでしょう。ベースジェルが塗れたなら、LEDライトで硬くしていきます。硬化時間の目安と言えば、LEDライト・UVライトそれぞれジェルに記されているので、そちらを参考にしてみるといいでしょう。今回使うジェルは、LEDライトの場合の仮硬化時間10秒、完全硬化時間20秒のものを使っていきます。

 

カラージェル塗布

ベースジェルが塗り終わったなら、次にカラージェルを塗っていきます。筆先を3分の1くらいの量がうまく塗れる塗布量の目安です。

 

厚塗りにならないようにご注意!

綺麗にジェルネイルをやろうとすればするほど厚塗りになってしまうので気をつけましょう。綺麗に仕上げるには、とにかく薄〜く塗る事です。ジェルはブラシの片面3分の1程度についているといいでしょう。ボトルの淵で前後にしごいて、何度か繰り返してジェルの量をコントロールします。ボトルの淵に軽く押し当てて、扇形になるような状態にします。こうする事ではみだした余分な部分を防ぎ、キワまでしっかり綺麗に塗れるでしょう。

 

お気に入りのネイルを存分に楽しんだら、新しいネイルをするために落とさなければなりません。間違ったオフをやってしまうと、自分の爪の表面の層がはがれてしまい、爪が痛んでしまう事があるので注意しましょう。ジェルネイルを落とすには、ジェルリムーバーやアセトンなど使えば簡単に出来ます。

 

人気のジェルネイルのデザインの傾向は?

 

ジェルネイルにはたくさんのデザインがあります。そのデザインの傾向にはどんなものがあるのでしょうか?シンプルなものから可愛いものまで多くのジェルネイルがあります。

 

パステルカラーのジェルネイル

 

春・夏の季節はパステルカラーのネイルがぴったりです。テイストも軽いですが、最近2017年になってからはネイルの手法も多様化してくるでしょう。カラーやデザインにとらわれることなく様々なトレンドネイルを楽しめるようになってきて、特に最近のトレンドと言えばフラワーネイルが人気です。これまでも小さな花をちりばめたようなデザインのフラワーネイルが流行った事がありましたが、2017年の春・夏のトレンドネイルは、大きめの花のモチーフを爪先にポンと咲かせたようなデザインです。こちらは花の部分にネイルシールを貼り、他の指にリキュールネイルを貼ってふんわりさせます。パールなどのパーツをつければ、さらに花のデザインはキュートになるでしょう。

 

涼しげな水彩フラワー

柔らかい雰囲気のジェルネイルで、彼もきっとくぎ付けになるでしょう。水彩フラワーとラメグラデーションはとても涼しげです。初夏にぴったりなジェルネイルになるでしょう。

 

カジュアルでカラフルなメキシカンジェルネイル

オリジナリティあふれるジェルネイルで、コーラルピンクと青色の大人なメキシカンジェルネイルです。ターコイズのバランスも絶妙でしょう。

 

ブルーの爽やかジェルネイル

爽やかな風が通り抜けるようなイメージの涼しいブルーのジェルネイルです。深みのあるブルーがとても魅力的で華やかです。花のデザインもとてもキラキラしていて女性らしく上品に見えます。

 

輝くようなフレンチネイル

透け感のある白との組み合わせがバッチリなオパールフレンチです。光の差し込み方によって様々な表情が楽しめるでしょう。

 

ターコイズブルーの上品なジェルネイル

夏のデザインに欠かせないジェルネイルです。

 

一度ジェルネイルをするとどれぐらい持つの?ケアはいつから?

 

せっかくジェルネイルをしたなら出来る限り長持ちさせたいですよね。一度ジェルネイルをするとどれくらい持つのか気になります。マニキュアよりも持続性の高いジェルネイルは、ファッションの幅を拡大させてくれる最先端の技術です。一般的なマニキュアは除光液で簡単に落とせますが、ジェルネイルの時は特殊なライトで固めているので落とす時も方法が少し違っています。劣化してきたから、デザインに飽きたからなどと理由は違っていますが、実際どの程度の頻度で変えていくのが適切なのか、ケアはいつから始めればいいのかご紹介していきましょう。

 

2週間前後でジェルネイルを交換する

ジェルネイルを変える頻度ですが、基本的に【2週間前後】、長くても【3週間】が限界です。時間が経つとジェルネイルは浮いてきてしまい、ものにあたって破損しやすくなってしまいますが、そのまま放置していると爪の表面の層も削られて傷ついてしまいます。こうなる前にきちんと処理していく事が、爪の健康維持のためにも大切でしょう。爪の表面とジェルネイルの間には汚れがたまりやすく、場合によってはカビが生えてしまう事もあります。緑色に変わって「おかしいな」と感じた場合、直ちにスタッフの方に相談してみましょう。

 

自分で落とす事も出来ますが実際難しく、爪に負担がかかってしまう事がほとんどです。ご心配な方は専門スタッフの方にお願いするといいでしょう。ちなみにセルフネイルで落とす場合、ソフトジェルであれば専用リムーバーで落とすことが大切でしょう。ハードジェルの時は家で行う時に削る作業が困難です。ジェルネイルを変える頻度以外にも、爪のキューティクルを守る頻度も重要になってきます。これは基本的に【2週間に一回】が目安です。

 

自分の爪が血行の良い状態であれば、甘皮のケアやこまめに皮脂・ほこりを落とす事も可能です。これを行う事によって爪の成長を促進する効果もあるのです。ケアを行うのが面倒な方であれば、2〜3週間おきにネイルサロンへ行ってジェルネイルを塗り直すタイミングでやってみるといいでしょう。

 

更新履歴